愛媛銀行×大和証券

金融商品仲介業務とは

登録金融機関(愛媛銀行)が金融商品取引業者の委託を受けて、お客さまに有価証券の売買など金融商品の勧誘や仲介を行い、お客さまと金融機関取引業者との間で金融商品を取引をさせる業務です。

金融商品仲介業務の仕組み

金融商品仲介業務の仕組み

委託金融商品取引業者

大和証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第108号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

取扱商品

取扱商品

ダイワファンドラップとは

  • 大和証券が提供する投資一任サービスのひとつです。値動きの異なる複数の投資対象に分散して投資することによって、価格変動のリスクの低減と、幅広い収益機会の追求が可能です。
  • 「ヒアリングシート」でお客さまの考えを伺って、最適な運用スタイルをご提案します。

ダイワファンドラップのメリット

ポイント1

あなたの大切な資産を、国際分散投資で効率的に運用します。

ポイント2

100種類を超える多彩な運用コースを取り揃えています。

ポイント3

初めて投資する方、投資に手間をかけられない方などにおすすめです。

金融商品仲介業務取扱店舗

愛媛銀行 ソリューション営業部 金融コンサルティング室

ダイワファンドラップおよび投資信託(一部商品を除く)は、以下の店舗でも取扱いいたします。

本店営業部、末広町支店、新居浜支店、今治支店、宇和島支店、八幡浜支店

金融商品仲介業務留意事項

  • 金融商品仲介業務で取扱う商品は、預金保険制度の対象ではありません。
  • 金融商品仲介業務で取扱う商品は、金融商品取引法第37条の6(書面による金融商品取引契約の解除条項)の規定の適用(クーリングオフ)は受けません。
  • 金融商品仲介業務で取扱う商品に関するお客さまの取引内容等については、金融商品仲介口座を開設する委託金融商品取引業者と共有します。
  • お客さまの金融商品仲介口座は委託金融商品取引業者に開設され、口座開設後のお取引については、お客さまと委託金融商品取引業者とのお取引になります。
  • 委託金融商品取引業者の商品、サービス等であっても当行でお取扱いできないものもあります。
  • 日本証券業協会が定める反社会的勢力に該当した場合は、取引が停止され、金融商品仲介口座も解約させていただきます。
  • 当行における金融商品仲介業務でのお取引が他の取引に影響を与えることはありません。また、当行における預金・融資等のお取引内容が金融商品仲介業務でのお取引に影響を与えることはありません。
  • 株式等のお取引には、国内株式委託手数料(約定代金に対して最大1.265%「税込」ただし、最低2,750円「税込」)をご負担いただきます。外国株式等のお取引には、現地諸費用等を別途ご負担いただくことがあります。株式等の売買にあたっては価格の変動による損失が生じる可能性があります。
  • 債券をお買付いただく場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。円貨建て債券は、金利水準の変動等により価格が上下し、損失を生じる可能性があります。外貨建て債券は、金利水準の変動に加え、為替相場の変動により、損失が発生する可能性があります。また、債券の発行者または、元利金の支払いを保証する者の財務状況等の変化、およびそれらに関する外部評価の変化等により、損失を生じる可能性があります。
  • 投資信託をお取引していただく際に、銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費等をご負担いただきます。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じる可能性があります。
  • 商品ごとの手数料等およびリスクは異なります。上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書等をよくお読みください。
  • 外国株式、外国債券の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容開示が行われないものがあります。

ダイワファンドラップのお取引にあたっての手数料等およびリスクについて

手数料等の諸費用について

  • 「ダイワファンドラップ」にてお客さまにお支払いいただく費用(ファンドラップ・フィー)は、契約資産の時価評価額に対して最大1.54%(年率・税込)となります。その他に、投資対象となる投資信託に関して運用管理費用(信託報酬)の合計が純資産総額に対して概算で0.60%~1.49%(年率・税込)かかります(組入れ状況等によっては変動します)。さらに、投資対象である投資信託では監査報酬等の費用が発生しますが、運用状況等により変動するため、事前に料率・上限額等を示すことはできません。詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。消費税率は、2019年10月1日以降の税率である10%で計算しております。

ご投資にあたってのリスク等

  • 投資一任契約とは、当事者の一方が、相手方から、金融商品の価値等の分析に基づく投資判断の全部または一部を一任されるとともに、当該投資判断に基づき当該相手方のための投資を行なうのに必要な権限を委任されることを内容とする契約です。
  • 「ダイワファンドラップ」は、投資一任契約に基づきダイワファンドラップ専用投資信託に係る受益証券を対象とした投資運用を行なう取引です。そのため、運用成績はダイワファンドラップ専用投資信託の価格変動に応じて変化します。したがって、契約資産の額(元本)が保証されるものではなく、これを割込むことがあります。また、運用による損益は、すべて投資者としてのお客さまに帰属します。
  • ダイワファンドラップ専用投資信託は、主として、国内外の株式、債券、リート(REIT)、コモディティ(商品先物取引等)、および株式先物等派生商品を実質的な投資対象とする複数の投資信託受益証券等に投資しますので、その基準価額はこれら実質的な投資対象の価格などに応じて大きく変動します。なお、これら実質的な投資対象のうち外貨建資産に関しては為替リスクが存在します。

ご投資にあたっての留意点

  • お客さまに「ダイワファンドラップ」による運用をご提案する際に「契約締結前交付書面」をお渡ししますので、お申込み前によくお読みください。
  • 「ダイワファンドラップ」をお申込みの際には、「ダイワファンドラップ投資一任契約書(兼 契約締結時交付書面)」、「ダイワファンドラップ口座約款」等で契約内容をご確認ください。

「ダイワファンドラップ」に関するご注意事項

  • 本サービスは、大和証券が提供する投資一任運用サービスであり、契約の相手方は大和証券となります。愛媛銀行の商品ではありません。愛媛銀行は大和証券との契約に基づき、お客さまと大和証券との間で締結される投資一任契約の媒介を行ない、運用資産の管理・運用は大和証券が行ないます。ダイワファンドラップ投資一任契約にはクーリング・オフ制度は適用されません。「ダイワファンドラップ」は預金とは異なり、預金保険制度の対象ではありません。預金保険については、愛媛銀行の窓口までお問い合わせください。
ページトップへ