ディスクロージャーポリシー(情報開示方針)

(1)目的

本方針は、愛媛銀行のお取引先や、株主・投資家、地域社会をはじめとするすべてのステークホルダーの皆さまに対して、情報開示の考え方や手続きおよび体制を定め、これに従った情報開示を行うことにより、愛媛銀行に対する理解を促進するとともに、公平・公正かつ適切な情報開示を行い、そして、ステークホルダーの皆さまとの対話を通じて得たご意見等を経営に適切に還元することで、愛媛銀行の企業価値の向上を目指すことを目的とします。

(2)基本的な考え方

愛媛銀行は、経営理念のもと、地域における社会的責任を果たすとともに、ステークホルダーの皆さまとの建設的な対話を通じ、地域とともに持続的な発展と企業価値の向上を目指しております。そのために、広く社会とのコミュニケーションを行い、情報の適時、適正な開示により、以下の考え方に基づき、透明性の高い企業活動を進めてまいります。

1.法令・規制の遵守

金融商品取引法、会社法、銀行法その他の関係法令および東京証券取引所の定める適時開示規則、その他の監督当局の規制等(以下、法令等とする)を遵守し、適時・正確・適切な情報開示を行います。

2.開示の透明性・わかりやすさ

開示の透明性を確保するとともに、継続性・一貫性などにも配慮しながら、ステークホルダーの皆さまにわかりやすい情報開示に努めます。さらに、法令等に定められている情報開示にとどまらず、愛媛銀行への理解を深めていただくために重要または有益と判断される情報について、自主的に開示します。

3.開示の公平性・公正性

重要情報に関しては、適時・適切なタイミングにすべてのステークホルダーの皆さまに公平・公正かつ適切に開示します。

  • 重要情報とは、法令等に基づき開示が義務付けられている情報および公表前の確定的な決算情報(年度または四半期決算に係る財務情報)であって愛媛銀行の有価証券価格に重要な影響を与える情報。

4.ステークホルダーの皆さまとの建設的な対話

ステークホルダーの皆さまとの建設的な対話を通じて、愛媛銀行への理解を深めていただくとともに、対話を通じて得た適切なご意見等を愛媛銀行の持続的成長と企業価値の向上に活用してまいります。

(3)情報開示の方法

情報の開示にあたっては、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)・プレスリリースでの発表や有価証券報告書への掲載等、所定の開示手順を踏んでまいります。

それ以外の情報の開示についても、当ウェブサイトの活用やIRツールの配布など、できうる限り正確かつ公平に皆様方に伝達するよう自主的に開示します。

なお、海外の市場にも十分に配慮しながら、英文での開示も含め、公平・公正かつ適切に情報を開示するよう努めます。

(4)情報開示に係る手続きと体制

愛媛銀行では、適切かつ正確な情報開示に努めるため、以下の手続きおよび体制整備を図っております。

  1. 情報開示の担当部署は企画広報部、総務部としております。
  2. 法令等に基づき、情報開示を行います。
  3. 会社法にもとづく事業報告および計算書類等の開示情報は、取締役会で決議のうえ開示します。
  4. 金融商品取引所が定める適時開示は、適時開示に係る社内体制図に記載された手続きおよび体制のもと開示します。
  5. 金融商品取引法および銀行法に基づく開示、ならびに投資家向け決算説明に関する開示その他の自主的な開示は、企画広報部が情報内容を確認し、行内の所定手続きのもと開示します。

適時開示に係る社内体制図

適時開示に係る社内体制図
ページトップへ