環境への取組み

愛媛銀行環境方針

基本理念

愛媛銀行は、ふるさとの豊かで美しい自然を守り次世代へ引き継ぐことが、地域に対する社会的責任であると考えています。
経営理念である「ふるさとの発展に役立つ銀行」のもと、全員参加による環境保全への取組みを積極的に展開していきます。

基本方針

  1. 環境に関連する法律及びその他要求事項を遵守します。
  2. 環境に配慮した商品・サービスの提供などを通じて、環境保全活動を支援します。
  3. 環境マネジメントシステムを構築し、具体的な環境目的・目標を定めて、環境保全活動の継続的な改善に努めます。
  4. 省エネルギー、省資源、リサイクル活動を推進し、環境への負荷の軽減に努めます。
  5. 一人ひとりが環境問題に関する認識を深め、環境保全活動への参加を通じて地域社会の環境保全に貢献します。
  6. 環境方針及び環境に関する取組みを内外に公表します。

環境マネジメントシステム

愛媛銀行環境方針に基づき、具体的な環境目的等を達成するための体制・手続き等を定めた「環境マネジメントシステム」を本店及び研修所において導入しています。

  1. 環境目的
    「電気使用量」「コピー紙使用枚数」「産業廃棄物排出量」の削減
  2. CO2排出量の削減
    毎月ECOチェック表に基づき進捗状況を確認しています。
  3. 環境マネジメントシステムの概要

環境マネジメントシステム

気候変動への対応

近年の国内外における異常気象や自然災害による被害は、当行が基盤とする地域においても企業経営に大きな影響を及ぼしており、「気候変動への対応」は、これまで以上に重要な経営課題のひとつに位置付け、行動に移していく必要があります。

そういった状況を踏まえ、当行としては、気候変動対応の高度化を図るとともに、気候変動に関する有用な情報をステークホルダーの皆さまに提供することを目的として、TCFD提言に賛同することといたしました。

今後ともステークホルダーの皆さま方と連携しながら、気候変動対応を含めた社会・環境分野における課題解決に一層努めてまいります。

GHGガス排出量削減目標

LED・空調設備更新工事等による施設・設備面での取組みや再生可能エネルギー由来の電力調達等による対応、業務運用面での取組みにより、GHGガス排出量を、2013年度比で、2030年度までに50%削減します。

当行グループのGHGガス排出量の状況

当行グループ全体 2013年度 2018年度 2019年度 2020年度
Scope1(直接的排出) 547t 514t 447t
Scope2(間接的排出) 6,625t 6,383t 4,647t
合計 8,144t 7,172t 6,897t 5,094t
削減実績(2013年度比) ▲11.9% ▲15.3% ▲37.4%
当行(単体) 2013年度 2018年度 2019年度 2020年度
Scope1(直接的排出) 473t 438t 381t
Scope2(間接的排出) 6,603t 6,361t 4,629t
合計 8,024t 7,076t 6,799t 5,010t
削減実績(2013年度比) ▲11.8% ▲15.3% ▲37.6%
  • 算定基準
    省エネ法の定期報告基準に準拠して集計。
  • Scope1(直接的排出)…主に、ガソリン、ガス、軽油・重油
  • Scope2(間接的排出)…主に、電力

取組み内容

2008年に「愛媛銀行環境方針」を制定しました。地域社会の一員として、行員一人ひとりが課題の重要性を認識し、森林整備や使用済み天ぷら油の回収等の環境保全につながる活動を展開することで、地球環境の保護に取組んでいます。

使用済み天ぷら油の回収

当行行員や地域の皆さま、当取組みにご賛同いただいたお取引先さまを対象に、使用済み天ぷら油を回収し、「エコオイル」に再生する取組みを行っております。
回収を開始した2008年12月から2022年3月末までに、約160,127リットルの廃油を回収し、約166トンのごみの減量、約426トンのCO2削減効果等が生まれています。

「愛媛銀行ecHoの森」で下草刈りを開催!

「愛媛銀行ecHoの森」で間伐を実施!

2021年10月30日

松山市内店舗の新入行員ら35名が参加し、間伐による森林づくり活動を実施しました。間伐とは、樹木の一部を伐採し、残った木の成長を促す作業のことです。また、今回当行で回収している使用済み天ぷら油を原料とした自然に優しいチェーンソーオイルを使い、チェーンソーの実演を行いました。普段はなかなか体験できない林業の世界を楽しみながら活動することができました。今後も、環境保全につながる活動に積極的に取組んでまいります。

かりる

ページトップへ