セキュリティ対策について

インターネットバンキングをより安心してご利用いただくため、フィッシング詐欺等への対策として、『EV SSL証明書』を導入しております。

「EV SSL証明書」について

InternetExplorer7.0以降のブラウザで、当行インターネットバンキングをご利用いただくと、EV SSL証明書を導入したWebサイトにアクセスした際、アドレスバーが緑色に変わり、【サイトを運営している組織名】と【証明書を発行した認証局名】が交互に表示されます。この表示によって正しいサイトであることを視覚的に確認ができ、フィッシングサイトとの判別が容易になります。

当行の正規Webサイトにアクセスした場合

当行の正規Webサイトにアクセスした場合

注意が必要な場合

フィッシングサイトサイトにアクセスした場合
  • EV SSL証明書の表示機能を有効化するためには、ご利用者様の端末にてブラウザの設定が必要になる場合があります。

本人確認

ご利用いただく際には、会員番号と2種類の暗証番号(パスワード)を確認させていただく本人認証システムを採用しています。

「ソフトウェアキーボード」の導入

「ソフトウェアキーボード」とは、パソコンの画面上に仮想のキーボードを表示して、マウスで画面上のキーをクリックすることで、パスワード等を入力するソフトウェアで、キーボードを打鍵した履歴情報を盗むスパイウェアに効果があります。

ICキャッシュカードの発行

キャッシュカードは全てICチップ付きとなっており、従来のカードに比べ、偽造・変造等が難しく、スキミング等による複製を防止する効果があります。

確認暗証

以下のお取引については、よりセキュリティを高めるため、お取引内容の確認画面において、お客様が登録された「確認暗証」のうちの任意の3桁をご入力いただきます。

確認暗証のご入力が必要なお取引
普通預金 お振込、お振替、予約取消
定期預金 お預け入れ、お引き出し
各種届出変更 住所変更届出、暗証番号変更、メールアドレス変更、ATM取引制限
税金・各種料金払込
(Pay-easy)
税金・各種料金お払い込み

振込取引時のワンタイムパスワード

パソコン画面(スマホのPC版を含む)で以下の対象取引を行う際には、ワンタイムパスワードの利用設定が必要となります。

  • モバイル端末(ガラケー)は対象外となります。
  • 対象取引
    振込(都度振込、登録済振込、Pay-easy(ペイジー))
  • ワンタイムパスワードとは
    取引の際、予め登録されたワンタイムパスワード用メールアドレスに送信する1回限り有効な使い捨てパスワードのことをいい、お客様のご本人確認を行うために使用します。
  • ワンタイムパスワード利用設定の方法はこちら

お取引確認メールによるご連絡

確認暗証のご入力を必要とするお取引等を行われた場合、お客様が登録されたメールアドレス宛に、下記差出人でEメールにて通知を行いますので確認を行ってください。
なお、メールアドレスが変更になった場合は、当サービスのメニューで直ちに変更を行ってください。

お取引確認メールの種類(主なもの)

  • 確認暗証のご入力が必要なお取引を行われた場合の確認メール
  • 振込・振替予約扱い分実行時の結果メール
  • 定期預金お預け入れ・お引き出しの予約扱い分実行時の結果メール

メール受信設定のお願い

ご利用の携帯電話のメール設定が「ドメイン指定」されている場合、お取引確認メールが届かないことがあります。

withyounet@ib-channel.net からのお取引確認メールが必ず受信できるよう、設定の変更をお願いいたします。

ページトップへ