株主還元(配当等)

配当政策等

当行は、銀行としての公共性と健全性に鑑み、経営体質の強化や営業基盤の拡充を図り、内部留保の充実に努めることで安定的な配当を継続的に行うことを利益配分の基本方針としております。当期の配当につきましては、株主の皆さまの日頃からのご支援にお応えするため、1株当たり15円00銭とさせていただきます。なお、2006年5月1日施行の会社法において配当に関する回数制限の撤廃が行われることとなりましたが、現在のところ、当行におきましては中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うこととしており、これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

当行は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

また、銀行法第18条の定めにより剰余金の配当に制限を受けております。剰余金の配当をする場合には、会社法第445条第4項(資本金の額及び準備金の額)の規定にかかわらず、当該剰余金の配当により減少する剰余金の額に5分の1を乗じて得た額を資本準備金又は利益準備金として計上しております。

1株当たり配当金の推移

1株当たり配当金の推移

年度 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
中間 15円 15円 15円 25円 15円
期末 15円 15円 15円 15円 15円
年間合計 30円 30円 30円 40円 30円

2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しており、遡及修正した金額を記載しています。2016年3月期第2四半期末の配当金には創業100周年記念配当10円を含んでいます。

自己株式の取得状況

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

年度 株式数 価額の総額
2017年3月期 809株 1,121,296円

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

年度 株式数 価額の総額
2017年3月期 8,836株 3,894,382円

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

年度 保有自己株式数
2017年3月期末 136,555株
ページトップへ