事業等のリスク

当行、当行の連結子会社5社及び持分法適用非連結子会社3社(以下、本項目においては「当行グループ」という。)において、事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある主な事項には、以下のようなものがあります。当行グループは、これらのリスクを認識したうえで、リスクの抑制を図るとともに、万が一顕在化した場合には迅速かつ適切に対処してまいります。

なお、本項においては将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は2017年3月末現在において判断したものであります。

(1)信用リスク

(2)市場リスク

(3)金利リスク

(4)資金調達・流動性に関するリスク

(5)自己資本比率に係るリスク

(6)繰延税金資産に係るリスク

(7)格付に係るリスク

(8)退職給付債務等の変動に係るリスク

(9)規制変更のリスク

(10)事務リスク

(11)システムリスク

(12)競合リスク

(13)風評リスク

(14)コンプライアンスリスク

(15)顧客情報に係るリスク

(16)災害リスク

ページトップへ