直近の業績(日本会計基準)

2019年3月期 実績(連結)

収益面では、役務取引等収益が同比4億25百万円減少したものの、貸出金の増強による貸出金利息の増加や有価証券利息配当金の増加を受けて資金運用収益は前連結会計年度比16億87百万円増加し、経常収益は同比12億71百万円増加して462億36百万円となりました。

一方、費用面においては引き続き信用コストが減少しましたが、資金調達費用の増加等により、経常費用は前連結会計年度比25億70百万円増加し、381億62百万円となりました。

これらの結果、経常利益は前連結会計年度比12億99百万円減少して80億74百万円となり、親会社株主に帰属する当期純利益は同比5億41百万円減少して55億60百万円となりました。

(単位:百万円)

  2018年3月期 2019年3月期  
前年比
経常収益 44,965 46,236 1,271
経常利益 9,373 8,074 △1,299
親会社株主に帰属する当期純利益 6,102 5,560 △541

2020年3月期 業績予想(連結)

(単位:百万円)

  2019年3月期
業績
2020年3月期
予想
 
前年比
経常利益 8,074 7,900 △174
親会社株主に帰属する当期純利益 5,560 5,300 △260

2019年3月期 実績(単体)

コア業務純益

資金利益は、中小企業向けの積極的な貸出や有価証券の効率的な運用に努めましたが、資金調達コストの増加等があったため、減少しました。役務取引等利益は、支払保証料が増加したため、減少しました。経費は、IT関連や店舗向け投資により、増加しました。
これらの結果、コア業務純益は68億43百万円(前年度比15憶75百万円減少)となりました。

当期純利益

当期純利益は、前年比3憶55百万円減少したものの、通期公表見通しを1億円上回り、53憶63百万円となりました。

(単位:百万円)

  2018年3月期 2019年3月期  
前年比
業務粗利益 28,281 27,298 △983
  コア業務粗利益 28,740 27,466 △1,274
  資金利益 30,853 30,523 △330
役務取引等利益 △1,578 △2,196 △618
その他業務利益 △534 △859 △325
国債等債券損益 △458 △167 291
経費(△) 20,321 20,622 301
実質業務純益 7,960 6,675 △1,285
  コア業務純益 8,418 6,843 △1,575
一般貸倒引当金繰入(△)① △567 567
業務純益 8,527 6,675 △1,852
臨時損益 206 947 741
  貸倒償却引当費用(△)② 765 △409 △1,174
株式等関係損益 577 10 △567
その他臨時損益 393 528 135
経常利益 8,734 7,623 △1,111
特別損益 △449 167 616
当期純利益 5,718 5,363 △355
 
信用コスト(①+②) 197 △409 △606

2020年3月期 業績予想(単体)

(単位:百万円)

  2019年3月期
実績
2020年3月期
予想
 
前年比
経常利益 7,623 7,500 △123
親会社株主に帰属する当期純利益 5,363 5,100 △263
ページトップへ