直近の業績(日本会計基準)

2018年3月期 実績(連結)

収益面では、貸出金の増強による貸出金利息の増加や有価証券利息配当金の増加を受けて資金運用収益は前連結会計年度比15億75百万円増加、役務取引等収益が同比7億73百万円増加、その他経常収益が株式売却益の増加により同比3億93百万円増加したことなどから、経常収益は同比29億1百万円増加して449億65百万円となりました。

一方、費用面においては引き続き信用コストが減少しましたが、役務取引等費用の増加等により、経常費用は前連結会計年度比10億2百万円増加し、355億92百万円となりました。

これらの結果、経常利益は前連結会計年度比18億98百万円増加して93億73百万円となり、親会社株主に帰属する当期純利益は同比6億52百万円増加して61億2百万円となりました。

(単位:百万円)

  2017年3月期 2018年3月期  
前年比
経常収益 42,063 44,965 2,902
経常利益 7,474 9,373 1,899
親会社株主に帰属する当期純利益 5,449 6,102 653

2018年3月期 業績予想(連結)

(単位:百万円)

  2018年3月期
業績
2019年3月期
予想
 
前年比
経常利益 9,373 8,300 △1,073
親会社株主に帰属する当期純利益 6,102 5,500 △602

2018年3月期 実績(単体)

コア業務純益

資金利益は、中小企業向け等の貸出の積み増しおよび有価証券運用の多様化により増加しました。役務取引等利益は投資信託・保険商品の販売額が増加した結果増加しました。経費は物件費の抑制に努めたほか、預金保険料率の低下もあり、減少しました。以上によりコア業務純益は84億18百万円(前年度比15億69百万円増加)となりました。

当期純利益

当期純利益は、前期比6億32百万円増加し、57億18百万円となり、過去最高益となりました。

(単位:百万円)

  2017年3月期 2018年3月期  
前年比
    資金利益 29,875 30,853 978
役務取引等利益 △1,693 △1,578 115
うち預り資産販売関連手数料 796 1,033 237
コア業務粗利益(除く国債等債券損益) 27,276 28,740 1,464
△経費 20,426 20,321 △105
コア業務純益 6,849 8,418 1,569
  債券関連損益 722 △458 △1,180
△一般貸倒引当金繰入① △279 △567 △288
業務純益 7,851 8,527 676
  うち 株式関係損益 115 577 462
うち△貸倒償却引当費用② 1,446 765 △681
経常利益 6,836 8,734 1,898
当期純利益 5,086 5,718 632
 
△信用コスト(①+②) 1,167 197 △970

2019年3月期 業績予想(単体)

(単位:百万円)

  2018年3月期
業績
2019年3月期
予想
 
前年比
経常利益 8,734 7,700 △1,034
親会社株主に帰属する当期純利益 5,718 5,200 △518
ページトップへ