残高1万円未満の預金口座解約手続きにおける「印鑑不要化」について

2021年1月12日

当行は、2021年2月1日から、個人および個人事業主のお客さまを対象に残高1万円未満の普通預金、貯蓄預金、納税準備預金口座の解約手続きを、顔写真付本人確認書類のご提示により、届出印の押印を不要とし、解約手続きを簡略化いたします。

対象顧客 個人および個人事業主
対象口座
  • 普通預金口座
  • 貯蓄預金口座
  • 納税準備預金口座
ご提示いただくもの
  • 通帳(喪失していない場合)
  • キャッシュカード(発行されている場合)
  • 運転免許証、マイナンバーカード等顔写真付本人確認書類
取扱店舗 全店店頭窓口(各ローンセンターは除く)
ただし、納税準備預金口座、長期間お取引のない口座は取引店でのお手続きとなります。
解約金の取扱い 現金支払いまたは本人口座へ振り込み
ページトップへ