タブレット端末を活用した「預り管理システム」を導入します

2019年10月25日

当行は、お客さまの利便性向上、厳正・明確な管理等を目的として、タブレット端末を活用した「預り管理システム」を導入し、運用を開始いたしますので、以下の通りお知らせします。

今度とも一層、お客さまの利便性向上に努めてまいります。

  1. 運用開始予定日

    2019年11月1日(金)

  2. 導入店舗

    南予地区の15店舗より運用開始し、取扱店舗を順次拡大させ、2020年3月に全店に導入予定。

  3. システム概要
    1. お客さまからお預かりする現金・通帳等の預り物件情報をタブレット端末に入力することで、お預り・処理・保管・ご返却までのプロセスを一元管理します。
    2. 当行行員がお客さまから預り物件をお預りする際には、従来の紙による「預り証」を発行せず、お客さまが内容をご確認後、タブレット端末の画面上に電子サインをいただきます。
    3. 電子サイン登録後、預り物件の情報は本部サーバーで管理し、ご返却まで確実にお預りいたします。
    4. お客さまに預り物件をご返却する際には、お客さまがご返却の内容をご確認後、タブレット端末の画面上に電子サインをいただき、「ペーパーレス」でお手続きを完了します。
ページトップへ