ひめぎん後見制度支援預金の取扱開始について
~健康寿命と資産寿命の伸長による安心できる資産管理のために~

2019年6月28日

当行は、2019年7月1日(月)より、現在、既に後見制度をご利用の方、これから後見制度の利用を検討されている方を対象として、「ひめぎん後見制度支援預金」の取扱いを以下のとおり開始しますのでお知らせいたします。

当行では、引き続き地域のお客さまの幅広いニーズにお応えするよう、新たな商品・サービスの提供に努めてまいります。

  1. 導入目的

    2025年には、国内における65歳以上の人口の割合が全人口の30%を超える超高齢化社会を迎えると予想されています。長寿化の進展から「資産寿命が生命寿命に届かないリスク」が問題となっていることもあり、ファイナンシャル・ジェロントロジー(金融老年学)の考え方も参考として導入致します。

  2. 成年後見人制度とは

    物事を判断する能力が不十分な方は、「自分に不利益となる契約を結んでしまう」、「悪徳商法の被害にあう」、「資産管理を巡った親族間のトラブルが発生」など、ご自身で資産を管理することが困難である場合があります。そのような場合に備え、ご本人の権利を守る支援者として「成年後見人」等を選任し、法律的に支援する制度を「成年後見制度」といいます。
     この「成年後見制度」による支援を受ける方は、以下の「後見制度支援預金」を活用してご本人の預金を安全・確実に保護することができます。

  3. 取扱開始日

    2019年7月1日(月)

  4. 取扱店舗

    全店(ローンセンターおよび四国八十八カ所支店除く)

ページトップへ