新たな送金・決済サービスの検討を開始します!

2017年4月3日

 当行は、メガバンクを含め多数の金融機関が参加する「内外為替一元化コンソーシアム」に4月1日より参加し、従来より安価で、かつリアルタイムでの国内外向けの振込(送金・決済)の実現に向け検討を開始しますのでお知らせします。

 今後ともFinTechへの取組みを通じ、新たな金融サービスの開発・検討につとめ、お客さまのニーズに合ったサービスの提供を目指してまいります。

【内外為替一元化コンソーシアムとは】

1.コンソーシアム会長行

りそな銀行

2.事務局

SBIホールディングス株式会社、SBI Ripple Asia株式会社

3.発足目的

FinTech技術を活用した新たな決済基盤の開発・検討

4.発足時期

2016年10月

5.参加金融機関数

47行(2017年3月末時点)

6.概要図

概要図
ページトップへ