「用度品管理運用業務」のアウトソーシング化開始について

2020年9月3日

当行は、日本ATM株式会社が提供する「用度品管理運用アウトソーシングサービス」を導入し、煩雑な用度品(通帳・証書、各種帳票等)管理運用をアウトソーシングすることにより、用度品の発注、在庫管理等に係る経費削減を目指しますので、以下の通りお知らせいたします。

当行は今後も様々なアウトソーシング化を検討し、引き続き経費削減による健全な経営に努めてまいります。

【用度品管理運用アウトソーシングサービスの概要】

  1. 対象店舗

    当行 本部、全本支店および関連会社

  2. 運用開始日

    2020年8月1日

  3. 対象用度品

    通帳・証書等および一般帳票

【見込まれる効果】

  1. 発注業者の選定、発注事務、在庫管理
  2. 用度品の発注数、在庫数、各営業店等への送付数の適正化
  3. 用度品の在庫を保有せず、各営業店等への送付分のみを支払
ページトップへ