「RPA先進都市まつやまの実現に向けた連携協定」締結について

2019年4月9日

当行は、松山市、株式会社エヌ・ティ・ティ・データと連携し、RPA先進都市まつやまの実現に向けた連携協定を締結しますので、以下の通りお知らせいたします。

本協定に基づき、松山市が創設したRPA導入支援補助金、株式会社エヌ・ティ・ティ・データの松山市限定特別プランの紹介等を当行が行うことで、地域一体となり市内企業の生産性を高めていきます。

当行は、今後も中小企業の経営課題の解決に向けた支援を行って参ります。

  • RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、オフィスのパソコン内のソフト(ロボットツール)によるデータ入力などの定型業務を自動化する概念。

≪連携協定の内容≫

項目 内容
締結日 2019年4月9日(火)
協定名 RPA先進都市まつやまの実現に向けた連携協定
目的 RPAの導入を通じて、市内企業等の業務効率化を促進し、人手不足の克服を目指す
期間 2019年4月9日~2022年3月末
連携先 松山市・株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
連携事項
  1. RPAの周知啓発に関すること
  2. RPAの導入促進に関すること
  3. RPA関連人材の育成に関すること

≪支援メニュー概要≫

  • 松山市RPA導入支援補助金
    【対象者】 松山市内の中小企業者等
    【補助率】 補助対象経費の1/2以内
    【上限額】 50万円
    【対象経費】 RPAツールライセンス費用、RPA導入コンサルティング費用
    RPA保守委託費用(導入日から1年間が上限)
  • 松山市限定特別プラン《WinActor補助金限定特別プラン》(株式会社エヌ・ティ・ティ・データ)
    【対象者】 「松山市RPA導入支援補助金」利用企業
    【概要】 WinActorフル機能版(1ライセンス)、50時間導入支援パック、2ヶ月有償トライアル(操作研修含む)
    【提供価格】 100万円(税別) ※通常価格174.8万円(税別)
    【その他】 同プラン利用企業は、2年目以降もWinActorフル機能版(1ライセンス)を年50万円(税別)にて継続利用可能
ページトップへ