四国中央市の空家等対策のための金融支援に係る連携協力協定を締結します!

2018年12月13日

当行は、四国中央市、住宅金融支援機構四国支店と「四国中央市の空家等対策のための金融支援に係る連携協力協定」を締結することになりましたので、以下の通りお知らせいたします。

尚、空家等対策に向けた金融機関・自治体・住宅金融支援機構の三者による連携協定は四国初となります。

  1. 締結日

    2018年12月20日(木) 11:00~11:30

  2. 締結場所

    四国中央市役所 5階庁議室
    四国中央市三島宮川4丁目6番55号

  3. 出席者

    四国中央市 市長 篠原 実 様
    住宅金融支援機構四国支店 支店長 松村 収 様
    愛媛銀行 頭取 西川 義教

  4. 目的

    本協定は、四国中央市における空家等対策に関し、四国中央市、住宅金融支援機構、当行の三者が相互の連携を強め、それぞれが有する機能を効果的に発揮することにより、空家等に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって公共の福祉の増進と地域の振興に寄与することを目的としています。

  5. 取組事項
    1. 四国中央市における空家の3R(リユース・リメイク・リサイクル)に係る金融支援
      1. 空家のリユース  住宅について譲渡、売却又は貸借を行うこと
      2. 空家のリメイク  住宅について増築、改築、模様替え又は修繕を行うこと
      3. 空家のリサイクル 既存住宅を取り壊し、住宅を新築すること
    2. 前項の取り組みを進めるための、空家等対策に係る情報発信
ページトップへ