えひめ地域活性化ファンド(第一号案件)アフレル株式会社に投資しました!

2018年7月24日

当行は、2018年3月30日に設立された「えひめ地域活性化投資事業有限責任組合(株式会社ゆうちょ銀行との共同出資ファンド)」の第一号投資先として、アフレル株式会社に投資しましたので、以下のとおりお知らせします。

1.投資の概要

投資先
代表者 代表取締役 西澤 直城
本社住所 愛媛県四国中央市金生町山田井818番地1
設立日 2018年7月2日
事業内容 キャビア、キャビアを使用した化粧品の販売、キャビアフィッシュ(チョウザメ肉)の販売
投資形態・金額 株式投資・25,000千円

2.投資先の紹介

  1. 当社は、キャビアフィッシュの養殖事業に進出し10年の先である中央道路株式会社から第二創業した先であり、地域に新たに雇用を創出します。
  2. 愛媛県四国中央市独自のブランド構築をするために、当社と日本イタリア料理協会の鈴木弥平シェフ(東京)とのマッチングを行い、キャビア、キャビアフィッシュの新商品の開発を行います。

3.えひめ地域活性化ファンドの概要

名称 えひめ地域活性化投資事業有限責任組合
(地域金融機関とゆうちょ銀行が連携した四国で初めてのファンド)
設立日 2018年3月30日
運用期間 2027年12月31日まで
規模 3億円
出資者 無限責任組合員:ひめぎんリース株式会社(当行子会社)、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
有限責任組合員:株式会社愛媛銀行、株式会社ゆうちょ銀行
投資対象 愛媛県を中心に地域活性化に寄与する創業・第二創業及び成長性の高い未上場企業
ページトップへ