新中期経営計画の策定について

2018年3月27日

当行は、2018年度から2020年度までの3年間を計画期間とする新たな中期経営計画(第16次)を策定しましたので、以下の通りお知らせいたします。

  1. テーマ

    「変革への挑戦 ~すべてはお客さまのために~」

    環境変化と共に多様化するお客さまや地域のニーズに将来にわたりお応えしていくためには、全役職員で知恵を出し、新しいことに挑戦していかなければなりません。
     お客さま、地域の皆さま、株主の皆さまへの感謝の気持ちを深く心に刻み、これからも誠心誠意地域に貢献していくことが当行の責務です。全役職員が「変革への挑戦~すべてはお客さまのために~」を誓い、ふるさとの未来を切り拓き、新たな飛躍に向けて邁進してまいります。

  2. 計画期間

    3年間(2018年4月~2021年3月)

  3. 当行が目指す姿

    「地域・お客さま・株主にとってかけがえのない銀行」

     「地域」、「お客さま」、「株主」の皆さまから必要不可欠(かけがえのない)と称される銀行を目指します。

  4. 基本方針
    1. お客さまとの共通価値創造

      お客さま本位の良質な金融サービスを提供することで、企業の課題解決や個人の資産形成等をお手伝いし、地域経済の活性化や地方創生に貢献していきます。

    2. 生産性の向上

      お客さまへの提案や地域貢献にかける時間を創出するため、事務の見直しや営業体制の再構築を図っていきます。

    3. リスク管理・ガバナンスの強化

       リスク管理の重要性に鑑み、経営管理態勢の高度化により、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を図っていきます。

  5. その他
    新中期経営計画の主要計数目標・重点方針等、詳細につきましては をご覧ください。
ページトップへ