1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. 企業サポート
  4. ファンドによる支援
  5. 投資事業有限責任組合えひめベンチャーファンド2013
  • 印刷する

投資事業有限責任組合えひめベンチャーファンド2013

設立の目的

 当ファンドは、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(京都市)と共同で設立した「えひめベンチャーファンド2004」(2004年9月設立)の後継ファンドとして、2013年8月に設立されました。
 愛媛県内を中心に将来大きく成長が期待できる企業に投資を行い、ハンズオン活動を通じて企業価値の向上を図りながら株式上場を目指すことで、地域経済の発展への寄与を目的としています。そして今後も投資先企業への切れ目のない投資育成活動を継続していきます。

ファンドの仕組み

ファンドの概要

名称 投資事業有限責任組合えひめベンチャーファンド2013
設立日 2013年8月30日
運用期間 10年間(2年間の延長が可能)
規模と出資者 5億円
(有限責任組合員)
株式会社愛媛銀行 4億7,500万円
(無限責任組合員)
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 2,500万円
投資対象 原則、愛媛県を中心に当行の営業エリア内に所在し、株式上場を目指す企業

前ファンド:えひめベンチャーファンド2004 上場実績

社名 証券コード 上場市場 上場日
1 株式会社パワーアップ 大阪証券取引所
ヘラクレス市場
2006年7月13日
(2009年6月9日MBO
により上場廃止)
2 株式会社ピーエスシー
→ 株式会社ファインデックス
へ商号変更(2014年11月1日)
3649 大阪証券取引所
JASDAQ市場
→東京証券取引所
 第一部
2011年3月23日
2014年11月13日 市場変更
3 株式会社ベルグアース 1383 大阪証券取引所
JASDAQ市場
2011年11月29日
4 株式会社ありがとうサービス 3177 大阪証券取引所
JASDAQ市場
2012年11月12日
5 株式会社アドメテック 7778 Tokyo Pro Market 2013年9月4日
6 株式会社ダイキアクシス 4245 東京証券取引所
第二部
→東京証券取引所
 第一部
2013年12月19日
2014年12月19日 一部指定

現在の投資先

会社名 株式会社アドメテック (代表取締役 中住 慎一)
住所 愛媛県松山市空港通1丁目6番6号
投資実行日 2013年11月
投資金額 38,207,500円
投資形態 普通株式
会社概要 高周波誘導焼灼法を用いた癌治療装置の開発・販売
特長 熱を患部へ直接作用させて腫瘍を消退させ、免疫細胞療法などとの併用が可能な技術で患者への負担を小さくする治療機器・デバイスを開発している。
上場 2013年9月4日 Tokyo Pro Market (証券コード:7778)
会社名 株式会社ビッグウッド (代表取締役 杉浦 眞悟)
住所 愛媛県松山市井門町77番地1
投資実行日 2014年10月
投資金額 35,000,000円
投資形態 普通株式
会社概要 アウトレット家具の直営店舗及びFC店舗による販売
特長 アウトレット家具専門店のパイオニア。直営・FC含めて40店舗以上運営しており、全国トップシェア。縮小する家具市場において、設立以降20年余りの増収基調で成長を続けている。
上場
会社名 ナノミストテクノロジーズ株式会社 (代表取締役 松浦 一雄)
住所 徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地
投資実行日 2015年7月
投資金額 29,900,000円
投資形態 普通株式
会社概要 超音波ミスト化分離技術の開発および関連機器販売
特長 基幹である超音波ミスト化分離技術(※)は既存技術と比較して低エネルギー、省スペースであり、分離・回収技術を要する幅広い分野のニーズが見込まれる。
(※)工場廃液などの多成分を含む混合液を超音波によりミスト化し成分ごとに分離・回収する技術
上場
会社名 アザース株式会社 (代表取締役 中川 周平)
住所 愛媛県松山市松前町二丁目6番地11
投資実行日 2017年5月
投資金額 9,981,000円
投資形態 普通株式
会社概要 飲食店(ラーメン・つけめん)の直営店および国内外でのFC事業
特長 化学調味料不使用の安心安全なラーメン・つけ麺を提供
「短い労働時間でも利益が出せる」6時間営業の店舗展開に挑戦しており、長時間労働を伴う外食産業への労務環境改善に寄与することが見込まれる。
上場
会社名 株式会社セツロテック
(代表取締役会長 竹本龍也 / 代表取締役社長 竹澤慎一郎)
住所 徳島県徳島市蔵本町3丁目18番地の15 徳島大学藤井節郎記念医科学センター
投資実行日 2017年10月
投資金額 12,000,000円
投資形態 普通株式
会社概要 ゲノム編集による創薬支援サービス
特長 同社の持つ受精卵エレクトロポレーション法※は、従来と比べて短期間・低コストでゲノム編集を行うことが可能であり、国内外の畜産業、農業の成長に寄与することが期待されている。

※受精卵エレクトロポレーション法:ゲノム編集に必要な分子を電気の力により受精卵に導入すること。

上場

お問い合わせ窓口

共通価値創造推進室
電話番号089-933-1111(代表)
受付時間平日(銀行窓口営業日)の9:00~17:00
GetAdobeReader
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
Adobe ReaderTM プラグインが必要です。