1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. 資金調達
  4. 社債による資金調達

資金調達

  • 印刷する

社債による資金調達

社債(私募債)による資金調達をお手伝い

一定の要件(適債基準)を満たすお客さま(中小企業)を対象に、信用保証協会の保証を利用し、社債(私募債)による資金調達をお手伝いします。

特定社債保証制度とは

中小企業者の資金調達手段の多様化を図るため、信用保証協会が一定の要件(下記「適債基準」をご参照ください)を満たす中小企業者の発行する社債(私募債)について保証を行うことにより、その事業資金を供給し、中小企業者の事業発展に資することを目的とした制度です。

ポイント

Point 1 長期安定資金の調達が可能!

期間は2年から7年までの1年単位となっており、長期安定資金の調達が図れます。

Point 2 優良企業としての対外的な評価が期待できます!

起債は適債基準をクリアーした「優良企業」に限られているため、対外的評価の向上が期待できます。

Point 3 原則として保証金額2億円までは、無担保で発行可能!

保証金額2億円までは、無担保での発行が可能です。なお原則として保証金額2億円を超える場合には、保証協会にて担保設定させていただきます。

ご利用のメリット

①長期安定資金の調達が図れます。

期間は2年から7年までの1年単位となっております。

②企業としての対外的な評価の向上が期待できます。

起債は適債基準をクリアーした「優良企業」に限られているため、対外的評価の向上が期待できます。

保証の要件

(1)保証対象 ・・・ 「株式会社」に限ります。
(2)保証形態 ・・・ 当行と信用保証協会との共同保証方式
(3)発行額 ・・・ 1回の最低発行額 3,000万円
    発行最高限度額 5億6千万円

当行の保証金額は発行額全額保証

  • 信用保証協会の保証金額は発行額の8割となります(上限4億5,000万円)。 また、私募債保証以外の保証分(経営安定関連保証を除く)を含めて5億円を上限とします。
(4)資金使途 ・・・ 運転資金または設備資金に限ります。
(5)保証期間 ・・・ 2年から7年までの1年単位。
(6)担保 ・・・ 原則として保証金額2億円を超える場合には、保証協会にて担保設定させていただきます。
(7)保証人 ・・・ 保証人は不要です。
(8)適債基準 ・・・ 下記の各要件のうち、<1>の要件を満たし、かつ、<2>または<3>のいずれか1項目および<4>または<5>のいずれか1項目を満たす中小企業者。
(平成21年6月3日現在)
項  目 基  準 充足条件
<1> 純資産額 5千万円以上
3億円未満
3億円以上
5億円未満
5億円以上 必須要件
<2> 自己資本比率 20%以上 20%以上 15%以上 ストック要件
(1つ以上充足)
<3> 純資産倍率 2.0倍以上 1.5倍以上 1.5倍以上
<4> 使用総資本事業利益率 10%以上 10%以上 5%以上 フロー要件
(1つ以上充足)
<5> インタレスト・カバレッジ・レシオ 2.0倍以上 1.5倍以上 1.0倍以上
(9)保証料率 ・・・ 保証料率は保証協会が決定した料率を適用します。
  • なお、私募債発行に係る金利コスト(発行者利回り)には上記保証料のほか、引受手数料等が別途必要となります。

社債による資金調達についてのご相談はこちらからどうぞ

相談する

お問い合わせ窓口

お客様お問い合わせ窓口
フリーダイヤル0120-22-0576
受付時間平日(銀行窓口営業日)の9:00~17:00
GetAdobeReader
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
Adobe ReaderTM プラグインが必要です。