金利の見直し

固定金利期間が終了すると自動的に変動金利型に戻ります。

そのまま変動金利でおかれる方

手続きは不要です。

なお、変動金利型から固定金利型への変更は随時可能です。

変動金利とは・・・
  • 毎年4月、10月に金利の見直しを行います。
  • 利率に変動があった場合でも、返済額の元本分と利息分の割合を調整し、5年間は返済額を変更しません。
  • 返済額の見直しは5年毎に行いますが、新返済額は旧返済額の1.25倍を上限とします。
  • 当初の借入期間が満了しても未返済残高がある場合は期日に一括返済していただきます。

再度固定金利を選択される方

手続が必要です。

ご返済中の営業店へご相談下さい。

変更手数料…5,400円(消費税含む)

選択される各固定金利の基準金利が適用されます。

固定金利を再選択した場合は固定期間終了まで変動金利型への変更は出来ません。

お申込み・お問い合わせ

インターネットでのお申込み

事前審査お申込みはこちら

ページトップへ