スペシャリストへの道 女性の感性だからできること

スペシャリストへの道 女性の感性だからできること

CONCEPT

当行では金融サービス業を通して培ったスキルや独自の視点に基づき、様々なCSR活動に取り組んでいます。私はその活動の中心となる「ふるさと振興部」で、企画の立案や運営などに携わっています。

例えばチャリティーコンサートや地域での清掃活動、県内産業の発展に寄与された企業や個人の方々に対する顕彰など、CSR活動は多岐に渡ります。「ふるさと振興部」は女性行員を中心に構成されており、地域の皆さまと直接触れ合う活動だからこそ、女性ならではの「目配り・気配り・心配り」がお役に立つと考え、女性の感性を大切にしながら業務に取り組んでいます。

女性の感性だからできること
ふるさと振興部 宇都宮舞 ふるさと振興部 宇都宮舞
当行の活動を全ての行員に共有 当行の活動を全ての行員に共有 当行の取り組みを行員自らの視点・言葉で伝える

私たちは地元愛媛に根ざした金融機関として、「地域社会のために何ができるのか」を常に考えなければなりません。お客様の資産をお預かりするだけではなく、文化・教育・スポーツ・福祉・環境など当行が関わる活動を通して地域貢献を行っています。それらの活動を伝え、想いを共有する為に、行内誌を発行しているほか、月1回はビデオニュースを配信しています。活動内容だけでなく、その根底にある"地域への想い"を共有することが大切だと考えています。
私自身も自らの視点・言葉で伝えるために、取材や撮影、編集などを担当しています。

動物愛護
動物愛護 動物愛護を通して命の大切さを伝えたい

当行と愛媛県は「動物愛護推進連携協定」を結んでいます。2匹の犬「くろ」「しろ」は、もともと「愛媛県動物愛護センター」で殺処分予定だったところを引き取り、当行の敷地内で育てています。
毎日の犬小屋の掃除や散歩等のお世話は行員が行っています。また一匹でも多くの動物の命を救うために、県内の保健所やNPO団体と連携して「移動譲渡会」を実施しています。殺処分予定の動物の新しい飼い主を探すほか、チャリティ活動や動物愛護についての作文および絵画の募集・表彰などを通じ、"命の大切さ"を啓発しています。


全国的に見ても「ふるさと」の文字が入る部署がある銀行は珍しく、愛媛銀行の地域に対する想いの強さを感じます。

ここでご紹介したCSR活動はほんの一部に過ぎませんが、「動物愛護推進連携協定」などのように、他行にはない地域に根ざした独自の活動が実践できていると自負しています。

すべての活動に共通しているのは、「地域に貢献したい」「地域の皆さまのお役に立ちたい」という行員一人ひとりの想いであり、特に女性行員が多い当部では、その感性を活かしながら企画や運営、情報発信が行えていると思います。
地方創生が求められている昨今、企業と地域社会の関係はより密接になることが予想されており、今後も積極的にCSR活動を展開して行きます。



女性の感性だからできること
女性の感性だからできること