スペシャリストへの道 女性の感性だからできること

スペシャリストへの道 女性の感性だからできること

CONCEPT

昔から「日本人はリスク投資が嫌い」と言われており、資産の多くをほとんどリスクがない預金などに当ててきました。しかしながら、超低金利の環境が長く続き、税制や年金制度の変動、少子高齢化の進展による老後資金の増大などにより、昨今、資産形成の必要性が高まっています。
「金融コンサルティング部」ではお客様に対し、預金・貸金以外の分野、具体的には投資信託や外貨預金、国債などの金融商品を提案、販売することで、資産運用のお手伝いをしています。ポイントは"お客様の立場に立った提案"です。お客様の現状と将来設計(ライフプラン)を十分理解し、お客様にとってベストな商品の組み合わせをご提案しています。

女性の感性だからできること
金融コンサルティング部 渡部由理 金融コンサルティング部 渡部由理
資産運用アドバイザー 資産運用アドバイザー お客様に寄り添う、きめ細やかな提案を

これまでにファイナンシャルプランナーや証券外務員などの資格を取得し、現在は「資産運用アドバイザー」という立場で業務に当たっています。具体的には、お客様のライフプランや資産状況に応じて法務・税務に関するアドバイスを行ったり、投資信託や個人年金保険などの金融商品を提案・販売しています。
お客様の大切な資産を預かる訳ですから、信頼関係の構築が重要です。お客様により経済状況や家族構成、お金に対する価値観は異なるからこそ、一人ひとりに寄り添い、お客様の立場に立ってご提案することを大切にしています。

教育担当者として
教育担当者として第二の自分を育てるつもりで

各支店に所属する「資産運用アドバイザー」に対し、金融商品の紹介の仕方や説明のポイントを教える「チーフ資産運用アドバイザー」という立場にいます。行員向けの説明会やセミナーなどを定期的に実施するほか、支店担当者と一緒にお客様を訪問し、実際に金融商品の提案や販売をしています。
同行時の私のセールス・トークは、ほかの行員の見本になるため、精度の高さが求められます。その一方で、お客様にも十分ご理解していただくために金融の専門用語はなるべく避け、商品内容を噛み砕き、平易な言葉でご説明するよう心掛けています。


私たちが提案・販売する金融商品は"変動商品"ですので、購入後に価格が上昇して資産が増えることもあれば、価格が下落して資産が減ってしまうこともあります。

だからこそ、リスクについての説明が重要で、お客様にご理解いただけるまで何度でも丁寧に説明しています。

また"売りっぱなし"ではなく、ご購入いただいたお客様に対するきめ細やかなアフターフォローも必要になります。そういう意味で細かな気配りができる女性の方が、この業務には向いていると思います。
業務上、個人のお客様のご自宅にお伺いすることも多いのですが、女性だけの世帯などでは「女性行員だから話を聞く」というお客様も多くいらっしゃいます。実際、当行の「資産運用アドバイザー」は女性行員が多くなっています。


女性の感性だからできること
女性の感性だからできること