スペシャリストへの道 個性を活かすスペシャリスト

スペシャリストへの道 個性を活かすスペシャリスト

スペシャリスト密着 Vol.3
金融を通して地域活性化!日本唯一の木造店舗も建築 企画広報部:神田 聡允
企画広報部:神田 聡允

愛媛を元気にするスペシャリスト 愛媛を元気にするスペシャリスト
決算・IRなどに携わるため、財務知識の深耕も重要な仕事

私は大学時代から"地域活性"に興味を持っており、「地域を盛り上げる仕事に就きたい。銀行なら金融を通して地域を元気にできる」との想いから、入行を決意しました。入行後は支店の融資担当として、ローンや貸付の実行などの業務を経験し、現在は企画広報部で企画および財務業務に携わっています。

担当業務の一つが店舗開発です。2015年12月に久米支店がリニューアルオープンしましたが、最大の特徴は「日本の銀行では珍しい木造店舗」という点です。木材は地元久万高原町産の杉をメインに、雨に濡れる部分は湿気に強い檜を使用しており、建築物としても贅沢かつ個性的で、愛媛銀行を代表する支店が誕生したと自負しています。私もオープン日に支店に行きましたが、1,000人を超えるお客様にご来店いただき、本当に感動しました。これからもお客様に愛される店舗づくりができるよう、努力していきたいと思います。

一方で、企画広報部は銀行の決算・IRなども担う部署ですので、証券アナリストや中小企業診断士などの資格を持ったエキスパート行員が数多くいます。銀行員には財務を見る力、作る力など、多面的な知識・能力が必要であり、私も財務グループの一員として日々知識の習得の努力を怠ることなく、地域を元気にするために頑張りたいと思います。

新しい仲間たちへのメッセージ 「やりたいこと」が分かれば、やがて“いい結果”が生まれる

就職活動中に「自分のやりたいこと」がイメージできれば、就職後の自分の姿もイメージできるのではないでしょうか。将来の自分の姿を具体的にイメージすることで、業種・業界や仕事内容、就職を決断する上での優先順位など就職活動の的が絞れ、やがていい結果が生まれると思います。
まずは冷静に自己分析を行い、「自分のやりたいこと」を考えてみてください。

企画広報部:神田 聡允

私自身、大学入学当初から地域活性に興味を持ち、「地元で金融という分野から地域を元気にしたい」という想いを持ち続け、最終的に愛媛銀行に入行しました。
愛媛銀行は単に金融面から地元企業を応援するだけでなく、文化、スポーツ、教育、福祉など、様々なCSR活動にも積極的に取り組んでいます。
「愛媛を元気にしたい」という想いをお持ちの方は当行に向いているのではないかと思います。

いつも手元に金融時事用語集

金融の専門用語を解説している本です。会議などでは専門用語が飛び交うため、少しでも分からない言葉があれば話について行けません。金融業界も日々進歩しているため、新しい言葉も次々と生まれており、知らない言葉をすぐに調べられるようこの本を机に置いています。特に新入行員には手元に置いて欲しい一冊ですね。