1. ホーム
  2. ムリなくかりる
  3. 家をたてる
  4. よくある質問

家をたてる

  • 印刷する
  • 資料請求する

よくある質問

  • 金利情報
  • 金利情報
  • ローンシミュレーション
  • ローンセンターのご案内
  • よくある質問

皆様から寄せられるよくある質問をまとめています。

Q1.住宅資金計画で大切なことは?

長期的なライフプランをもとに、無理のない計画を立てることです。最長50年という長期のローンになりますから、子供の教育資金、結婚資金などいざというときの費用も想定し、余力を持った返済計画を立てましょう。

Q2.返済方法は?

「毎月返済のみ」と「毎月返済とボーナス返済の併用」があります。無理のない返済計画にするため、景気に左右されるボーナス返済は、極力低く抑えましょう。また、まとまった資金が出来たときには内入れをすることも可能です。その際手数料が必要となります。
(あったか住宅ローンは100万円以上の内入の際の手数料が無料です。)

Q3.諸経費や税金などをどの程度見積もればよいのでしょうか?

売買契約書や請負契約書の印紙税、不動産取得税、ローンを利用する際の融資手数料、保証料、火災保険料、登記費用などがかかります。これらの必要経費は建設費や購入資金の4~10%程度と言われています。また、購入後の固定資産税や建物のメンテナンス費用なども想定しておきましょう。

Q4.住宅ローンの借入期間は何年まで可能ですか?

商品によって異なりますが、最長50年まで可能です。完済年齢については、概ね79歳から81歳までとなっています。退職後の返済についてもよく検討し無理のない返済計画を立てましょう。

Q5.住宅ローンで家具や電気製品、外構費用なども借入れすることは出来ますか?

当行または保証会社で承諾させていただいたものについては可能です。

Q6.住宅ローンの借入額はどのくらいを目安にすればいいですか?

一般的には年収の5倍から7倍以内と言われています。また、全てのローン(マイカーローンなどを含む)の年間返済額/年収が年収400万円の場合で30~35%以内という目安もあります。いずれにしても、余力を持った資金計画を立てることが重要と言えます。

Q7.妻の年収を合算して借入れすることは出来ますか?

基本的には可能です。ただし、長期ローンになるため、パート収入、派遣社員での収入は安定した所得としては判断しがたく合算の対象とならない場合があります。

Q8.住宅ローンの借入れを行うと火災保険には必ず加入しなければなりませんか?

ご融資対象となる住宅には、原則建物の時価額を保険金額とし、融資期間火災保険にご加入いただくことになります。また、火災保険金請求権に当行または保証会社を質権者とする第一順位の質権を設定させていただくことがあります。また、地震保険や家財保険の付保は任意となっています。

Q9.愛媛県外在住でも、住宅ローンの申込みをすることが出来ますか?

当行の住宅ローンのお申込み受付につきましては、「お住まい」もしくは「お勤め先」が、当行の営業区域内にあるお客様とさせていただいております。なお、愛媛県外にも当行支店がございますのでご確認ください

Q10.住宅ローンについてゆっくり相談する窓口はどちらになりますか?

当行では住宅ローンの専門窓口としてローンセンターを設置しています。

ローンセンター松山 平日 9時~19時 ・ 土日祝日 10時~17時
ローンセンター石井 月木金(祝日は休業) 10時~19時 ・ 土日(祝日は休業)10時~19時
ローンセンター新居浜 月火木金(祝日は休業) 10時~19時 ・ 土(祝日は休業)10時~17時
ローンセンター今治 月火金(祝日は休業) 10時~19時 ・ 土日(祝日は休業) 10時~17時
ローンセンター西条 月火金(祝日は休業) 10時~19時 ・ 土日(祝日は休業) 10時~17時
ローンセンター高知 月火金(祝日は休業) 10時~19時 ・ 土日(祝日は休業) 10時~17時
GetAdobeReader
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
Adobe ReaderTM プラグインが必要です。