1. ホーム
  2. お客様への重要なお知らせ一覧
  3. 偽造・盗難キャッシュカード被害への補償対応について

お客様への重要なお知らせ

  • 印刷する

偽造・盗難キャッシュカード被害への補償対応について

2011年4月1日 更新

 当行は、預金者保護法の施行に伴い、個人のお客さまの偽造・盗難カードによる不正引出し被害について、平成18年2月10日(金)より補償を開始しましたのでお知らせいたします。

1.補償対象

下記のカードについて発生する偽造や盗難カードによる不正引出し被害(デビットカードサービスによる不正引出し被害は含みません)については、お客様に過失等がない限り全額当行が補償させていただきます。
(1)預金者保護法で定められた範囲のもの
・個人のお客さまのご預金(普通預金、総合口座、貯蓄預金)のキャッシュカード
※総合口座の預金担保による貸越についても対象となります。
・個人のお客さまのローンカード(預金と一体となっているカード)

(2)預金者保護法で定められた範囲以外のもの
下記については、預金者保護法では補償の対象とされていませんが、立法趣旨に鑑み、当行は補償対象とさせていただきます。
・個人のお客さまの消費性専用型ローンカード(預金と分離された借入専用カード)
※事業用カードローンを除きます。

2.補償のための条件等についてはこちらご覧ください。補償のための条件等 Adobe Reader (130KB)

3.お客様にご留意いただきたいこと

【他人に推測され易い暗証番号を使用しないでください】
生年月日や電話番号など、他人に推測され易い暗証番号は大変危険ですので、直ちにご変更されることをお勧めします。
また、暗証番号をカードに書き込んだりメモに残すことは絶対に避けてください。

【警察官、銀行員、銀行協会職員を名乗る詐欺にご注意ください】
警察官や銀行員等を名乗り、お客さまのカードを預るとともに、暗証番号を聴き取り、不正に引き出す事件が発生しています。
警察官や銀行員といえども、お客さまに暗証番号を聴くことは絶対にありませんのでご注意ください。

【紛失や盗難の場合は直ちに連絡してください】
キャッシュカードの紛失や盗難については、休日も含め、24時間態勢でお電話を承っています。
お気づきになられましたら、まずお電話でご一報ください。
(カード紛失受付センター電話番号0120-88-5560)

GetAdobeReader
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
Adobe ReaderTM プラグインが必要です。