1. ホーム
  2. 企業・IR情報
  3. ひめぎんCSR
  4. 教育・文化・スポーツへの取組み
  5. ひめぎん卓球部
  6. 平成28年度試合結果

ひめぎん

  • 印刷する

ひめぎん卓球部

平成29年度 平成28年度 平成27年度

平成28年度試合結果

第69回東京卓球選手権大会(平成29年3月1~5日)

東京体育館で行われた、第69回東京卓球選手権大会に出場しました。

女子シングルスでは藤井選手がベスト8進出、鳥居選手、久松選手は4回戦まで勝ち上がりましたが、惜しくもスーパーシードの相手に敗れました。

【女子シングルス】

ベスト8 藤井 優子
4回戦敗退 鳥居 夕華、久松 亜由実
1回戦敗退 島田 真美

【女子ダブルス】

4回戦敗退 鳥居・藤井組
3回戦敗退 島田・久松組

本大会をもって今年度出場の試合は、全て終了しました。

初の日本リーグ1部参戦で、1部を維持することが最大の目標でしたが、皆様からの温かいご声援の下、チーム全員が力を合わせて実現することができました。ありがとうございました。

来年度は、64年ぶり、初の単独開催となるえひめ国体が控えており、開催に華を添えられるよう、優勝を目指してさらに練習に励んで参ります。来年度も引き続き応援の程よろしくお願い致します。

第56回大阪国際招待卓球選手権大会(平成29年2月17・18・19日)

日本リーグ加盟チームの選手や、大学・高校の強豪選手が出場する大会へ参加しました。

来年度の公式戦に向け、新しい技術や戦術などを試す機会となりました。

女子シングルスでは、昨年度優勝の藤井選手が第1シードで出場し、ベスト8まで勝ち上がりましたが、続く準々決勝で、昨年度インターハイダブルス優勝の日立化成平選手に惜しくも2-3で敗れました。

【女子シングルス】

ベスト8 藤井 優子
4回戦敗退 鳥居 夕華
3回戦敗退 久松 亜由実
1回戦敗退 島田 真美

【女子ダブルス】

3回戦敗退 鳥居・藤井組
島田・久松組

第63回四国卓球選手権(平成29年1月28・29日)

今年度四国一を決める大会に出場し、3種目で優勝を果たしました。

女子団体では接戦ながら勝負どころでしっかりとポイントをあげることができ、2年連続3回目の優勝。女子ダブルスは団体で対戦した相手との再戦となりましたが、作戦の変化にもしっかり対応して振り切り初優勝。混合ダブルスでは藤井・時吉組が先日の全日本選手権3位の実力を見せ、圧倒的な内容で優勝しました。

【女子団体】

優勝 愛媛銀行(鳥居・島田・藤井・久松)

【女子シングルス】

2位 鳥居 夕華
ベスト8 久松 亜由実
ベスト16 島田 真美
ベスト16 藤井 優子

【女子ダブルス】

優勝 鳥居・藤井組
3位 島田・久松組

【混合ダブルス】

優勝 藤井・時吉組
3位 鳥居・柴田組
3位 島田・中平組

全日本卓球選手権大会(平成29年1月16日~22日)

本年度日本一を決める全日本卓球選手権に当部より3名の選手が出場しました。女子シングルスでは鳥居選手と藤井選手がハイレベルな戦いの中、4回戦まで勝ち上がりました。女子ダブルスでは鳥居・藤井組が昨年を一つ上回るベスト16入りを果たし、混合ダブルスでは藤井・時吉(ZEOS)組が第3位という素晴らしい結果を残しました。

全日本卓球選手権大会

【女子シングルス】

ベスト64 鳥居 夕華
藤井 優子
2回戦敗退 久松 亜由実

【女子ダブルス】

ベスト16 鳥居・藤井

【混合ダブルス】

第3位 藤井・時吉(ZEOS)

高知オープン卓球選手権大会(平成28年12月24・25日)

くろしおアリーナ(高知市)で行われた高知オープンに出場してきました。初日に行われた団体戦は決勝まで勝ち上がり、招待チームの同志社大学と対戦しました。1番のダブルスと藤井選手が勝ってリードしましたが、残るシングルス3試合を落とし惜しくも2-3で敗れ準優勝となりました。

2日目に行われたシングルスでは各選手健闘して勝ち上がり、久松選手が優勝、準優勝が鳥居選手、3位藤井選手と上位を占めました!

【女子団体】
準優勝 愛媛銀行(鳥居、島田、藤井、久松)
【女子シングルス】
優勝 久松 亜由実
準優勝 鳥居 夕華
第3位 藤井 優子
ベスト16 島田 真美

平成28年度後期日本リーグ入替戦開催!(平成28年11月25日)

松山市総合コミュニティセンターにて入替戦を開催しました。
本戦は、平成28年度日本卓球リーグ後期大阪大会終了後、1部7位となった当行と2部2位となった豊田自動織機(愛知県)が1部入りをかけて対戦したものです。
大きなプレッシャーのかかる中での試合となりましたが、見事ストレートで勝ち、1部残留を決めました!
今年度は、初の1部参戦となりましたが、選手一人一人が力をつけて成長した結果、1部を維持することができました。
応援いただいた皆様に感謝申し上げますとともに、来年度は今年度以上の成績を目標に挑みますので、引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。

久松 亜由実

【1番シングルス】

久松 亜由実 3-0 北川 真央

カット打ちが得意な相手に、粘り強いカットと隙を逃さない攻めで主導権を握り、ストレート勝ちでチームを勢いづけました!

藤井 優子

【2番シングルス】

藤井 優子 3-0 平野 容子

相手チームのエースと対戦したものの、サーブ・レシーブとも冴えわたったプレーを見せて相手を圧倒し、チームの勝利を引き寄せました!

鳥居・藤井組

【3番ダブルス】

鳥居・藤井組 2-1 森・平野組

1ゲームを先取され嫌な立ち上がりとなりましたが、落ち着きを取戻した2ゲーム目以降は試合を優位に進めて2-1で勝ちました。

平成28年度後期日本リーグホームマッチ開催!(平成28年11月1日)

松山市総合コミュニティセンターにて2回目となるホームマッチ戦を開催しました。
今回も前回と同じ中国電力を迎え、地元で白星を挙げたい、という強い思いで試合に挑みました。
皆様からの温かい応援の中、精一杯プレーをしましたが、残念ながら0-3のストレート負けを喫し、地元での勝利は叶いませんでしたが、全日本選手権を優勝したチームを相手に好勝負を繰り広げました。

久松 亜由実

【1番シングルス】

久松 亜由実 0-3 土井 みなみ

スピードボールを広角に打ち込む相手に厳しい展開となり敗れましたが、カットマンらしい粘り強さをみせました。

藤井 優子

【2番シングルス】

藤井 優子 1-3 宋 恵佳

相手チームのエースと対戦し、回転量の多いボールに押され苦戦を強いられ、1ゲーム取り返したものの、残念ながら敗れました。

鳥居・藤井組

【3番ダブルス】

鳥居・藤井組 0-2 土井・𡈽田組

1ゲーム目追い上げてジュースとなりましたが、最後に競り負け、あと一歩で敗れました。

平成28年度全日本卓球選手権(平成28年10月14日・15日・16日)

宇和島市総合体育館にて平成28年度全日本卓球選手権(団体の部)に出場しました。

全国トップチームが集まる中、各試合最後まで粘り強さを見せベスト8入りを果たし、開催地チームとして会場を大いに盛り上げました。

【女子団体】愛媛県 予選リーグ(2位で予選通過)
愛媛銀行 0-3 十六銀行
             3-1 ジュニアナショナルチーム
決勝トーナメント 準々決勝
愛媛銀行 1-3 日立化成

第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」

10月2日(日)~4日(火)、岩手県奥州市で行われました「希望郷いわて国体」へ愛媛県代表として鳥居選手・久松選手の2名が出場しました。

昨年度優勝の神奈川県等、厳しい組み合わせの中、初戦の新潟戦に勝ち幸先の良いスタートとなりましたが、惜しくもあと一歩及ばず予選リーグ敗退で終わりました。

【成年女子】愛媛県 一次リーグ3位
愛媛県 3-1 新潟県(リーグ5位)
    2-3 福岡県(リーグ2位)
    2-3 青森県(リーグ1位)
     3-0 神奈川県(リーグ4位)

第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」結団式・壮行会(平成28年9月5日)

10月1日~10月11日までの11日間、岩手県を中心に開催される第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」の結団式・壮行会が愛媛県武道館主道場にて行われました。当行卓球部から鳥居選手も参加し、代表して横断幕を中村愛媛県知事より受け取りました。
いよいよ来月からいわて国体が始まります。愛媛県選手団の一員として、鳥居選手、久松選手が精一杯がんばりますので、応援よろしくお願いします!

国民体育大会第37回四国ブロック大会(平成28年8月28日)

今年度の岩手国体への出場権が懸る四国予選に、当行から鳥居選手・久松選手の2名が出場しました。2名はそれぞれ愛媛県勢の勝利に貢献し、見事優勝を果たしました!

同時に四国代表として岩手国体への出場も決めました!

第5回「日本リーグ・日学連対抗」卓球ドリームマッチ(平成28年8月27日・28日)

日本リーグと大学生の各トップ8名の選手による当大会に、当行より藤井選手が選ばれ、出場しました。各チームのエースが集い厳しい試合が続きましたが、シングルスの部で見事藤井選手が優勝を果たしました!

[決勝戦の様子] 対戦相手 土井 みなみ選手(中国電力)

平成28年度前期日本卓球リーグホームマッチ開催!(平成28年5月5日)

松山市総合コミュニティセンターにて、当行卓球部が初のホームマッチを開催しました。
本試合は平成28年5月25日~29日に開催される「平成28年度前期日本卓球リーグ仙台大会」の一部として行われたもので、1部リーグの強豪中国電力と対戦しました。試合は接戦となり、一時リードしたものの、惜しくも2-3で敗れました。
初戦黒星となりましたが、いつも応援いただいているみなさんに感謝の気持ちを込めて一生懸命プレーすることができました。会場での温かいご声援、ありがとうございました。

鳥居 夕華

【1番シングルス】

鳥居 夕華 2-3 𡈽田 美佳

主将の鳥居選手は、終始接戦を繰り広げ、惜敗ながらもチームを勢いづけました!

久松 亜由実

【2番シングルス】

久松 亜由実 3-1 宋 恵佳

中国電力のエースを相手に、チーム唯一のカットマンが落ち着いたプレーで粘り勝ちました!

鳥居・藤井組

【3番ダブルス】

鳥居・藤井組 2-1 土井・𡈽田組

昨年度全日本選手権準優勝ペアに、多彩なプレーで挑み、見事勝利しました!

藤井 優子

【4番シングルス】

藤井 優子 1-3 土井 みなみ

パワードライブを武器に攻めてくる相手に苦戦したものの、見応えのある試合展開を繰り広げました!

島田 真美

【5番シングルス】

島田 真美 0-3 𡈽田 美紀

1部リーグ常連チームの選手相手に、島田選手の最後まで諦めないプレーは、会場を盛り上げました!

「第25回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント佐賀大会」に出場!(平成28年4月9日)

日本卓球界トップ選手男女各20名のみが参加できる国内最高レベルの当大会に、当行卓球部藤井選手が選出され出場しました。1回戦では日立化成:市川選手をストレートで破ると、続く2回戦では今大会で引退することを表明していたミキハウス:平野選手(ロンドン五輪卓球団体銀メダル)と対戦。注目を浴びる中見事勝ち切り、準々決勝進出を決めました。準々決勝では日本生命:石垣選手に敗れたものの、トップクラスの実力を示す内容でした。

【女子シングルス】

ベスト8 藤井 優子(電算センター)
GetAdobeReader
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
Adobe ReaderTM プラグインが必要です。